ふくし会館の楽しい毎日をお伝えします


by fukushikaikan

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

皆さん、こんばんは。こじろーです。
以前に今年度の西部会館障害者対象講座をご紹介いたしました。
今回はパート2です!


・パソコン教室
 「はじめてのパソコン入門教室」
 初心者向けに電源の入れ方、切り方、キーボード操作の仕方など初歩の初歩を学びました。
 「ワード実践上級講座」
 ワードを普段使っている方の応用的な講座です。地図の作り方、画像の加工の仕方など職場でも
 実践できる内容でした。

f0268048_20513648.jpg


・手芸教室
 使い古しの布切れなどを活用し、手提げバッグやティッシュ入れ・小物入れなど受講生が好きな物を選ん で作っています。

f0268048_20515553.jpg


・ちぎり絵教室
 和紙をちぎって台紙に貼り、季節の花や果物などを作っています。作品作りだけでなく、受講生同士のおしゃべりも楽しみの一つです。

f0268048_20522495.jpg


・健康体操教室
 イスに座ったままで無理なくできる体操を行っています。講座の後は、皆さん爽やかな汗をかきながら元気いっぱいに帰られます。

f0268048_20524280.jpg


パート2にかけて現在までに終了した講座と実施中の講座をお伝えしていきました。
実施中の講座でも途中からの受講ができるものもあります。
講座の詳しい事は、お気軽に西部障害者福祉会館までお問い合わせください。
お待ちしております!!
[PR]
by fukushikaikan | 2013-10-28 20:56
皆さん、こんにちは。こじろーです。
東部・西部の両会館では、障害福祉に関わるボランティアを養成する事業を行っています。
今年9月に、西部会館にて養成事業として「知的障害のある人と一緒に楽しもう~余暇支援ボランティア体験講座~」というタイトルで、10時から16時にかけて1回講座を行いました。

知的障害のある人の余暇支援では、まだまだ制度も十分とはいえず、余暇の場が少なかったり、また参加する場があっても情報が行き届いていなかったり、場と情報があっても、支援者がいないため参加できない、もしくは親がずっとつきっきりでやっと参加できている・・・などなどたくさん課題があります。

今回の講座は、その支援者がいないというところに焦点をあて、余暇支援のボランティア活動のきっかけを作る事を目的に行いました。

まずは、当事者の方と一緒に活動を楽しもうという事で、おもちゃ遊びや体を使ったゲームを体験したり、コムシティ内にある国際交流協会での写真撮影、子どもの館での駄菓子の買い物などをスタンプラリー形式で行いました。

f0268048_14103689.jpg

f0268048_14111876.jpg

f0268048_14134484.jpg


おもいっきり楽しんだ後は、昼食を一緒に食べ、そして午後からは、受講生の方と講師・スタッフの皆さんで午前中に体験した事に対してグループディスカッションを行い、意見を共有しました。
その後は、知的障害の特性や、余暇支援についてのお話、ボランティアの心構えのお話を聞き、最後は、実際に知的障害の余暇支援を行っているグループの方より活動紹介をしていただきました。

f0268048_14115646.jpg


受講後のアンケートでは概ね満足のお言葉をいただきました。
この講座で終わらず、次につながる第一歩、考える第一歩になってもらえたら幸いです。

この度ご参加いただいた受講生の皆さん、一緒になって参加いただいた当事者の皆さん、ご協力いただきましたスタッフの皆さん本当にありがとうございました!
[PR]
by fukushikaikan | 2013-10-18 14:18 | 講座あれこれ

見学ぞくぞく受付中!!

皆さん、こんにちは。こじろーです。

西部会館は、毎月のように様々な団体、グループの方々に見学にお越しいただいており、
案内をする私もいつも緊張するとともに良い刺激をいただいております。
10月は、小学校の校外学習期間なのでしょうか、近隣の小学校より見学の依頼をたくさん受けています。今回10月4日、5日には、熊西小学校の4年生の皆さんが西部会館に見学に来ました。

「横断歩道はどうやって渡るのですか?」「手話を覚えるのは大変ですか?」など学生の皆さんの率直な質問に対して、視覚障害、聴覚障害のある職員が普段の生活スタイルや、便利なグッズの話、困る事などを詳しく話し、皆さんは真剣な表情でノートにメモをとっていました。

f0268048_18352617.jpg


また調理室や多目的トイレ、点字図書館の資料保管室など会館を見学し、障害のある人が利用しやすい器具、設備などを実際に見て体験し、皆様々な思いを持ったようでした。

f0268048_18362636.jpg


f0268048_18365991.jpg


障害あるなし関わらず身近に困っている人、悩んでいる人たちはたくさんいると思います。
そういう方々を見かけた時自分たちには何ができるか?
今回の見学だけでは当然理解はできないと思いますが、少しでも考えるきっかけになれば幸いです!
[PR]
by fukushikaikan | 2013-10-12 18:47 | 日々のつぶやき